オフショアサービス Offshore Service

以下のことでお悩みの開発関係者はESPオフショアサービスをご検討ください

  • 早急に開発コストを圧縮しなければならない
  • 外国語でのコミュニケーションで要求通りの製品データが仕上がるかどうか
  • 苦労をして指示書作るくらいなら自分で作ってしまったほうが楽
  • 単なる人材派遣では、景気が悪くなったらさようならの繰り返し
    (パートナー側でノウハウ蓄積できず、将来的に繋がらない)
  • 今後は開発も海外に進出しなければ、中国・韓国との開発コスト競争に勝てない

我々ESPは、お客様のそんな意見を多く耳にしてきました

日本単体で昨今の開発競争を生き残るのは、コスト的にも現体制にも限界があります
ESPはお客様の要求に応えるべく、オフショアサービスを開始いたしました

ESPオフショアサービスの特徴

  • 通常の日本企業のモデリング費用の半分程度で行います
  • 弊社外国人スタッフは、日本語での対応が可能。
    既に日本の設計者との多くの業務実績があります
  • WebEXやSkype+タブレットなどの通信を活かしての直接指示(=指示書不要)が可能
  • オフショア体制を構築することで、将来のお客様の現地化に有効活用
  • お客様は今まで通り日本のオフィスから指示。そのままの体制でコスト圧縮

お客様の設計者・モデラーを更に高付加価値領域へシフト

ESPは以下の開発支援を行って参ります

  • オフショア対応
  • 製品設計
  • 3Dモデリング
  • リバースエンジニアリング
  • メッシュデータ作成
  • 2D図作成